車を所有したら、絶対に避けられないのが車検です。けど、車初心者には、そもそも車検とはなに?

という方もいるかと思います。

そこで、まず車検ってなにってことから説明します。

車検は、検査によって違い、自分で検査するユーザー車検、ディーラーで検査するディーラー車検など、検査の内容とか費用についてはさまざまあります。

車検は、法律で定められた検査を受け、有効期間内に公道を走れると認められるためたの検査です。

車検の有効期間は、新車の場合、最初の有効期間の満了日は3年で、次からは2年ごとです。

有効期間の満了日は、車検証に記載されていますので、その日までに必ず車検を終えなくてはいけません。

車検にかかる費用については、車の整備料金と税金や保険料などの法定費用を合わせたものです。

で、法定費用というのは、重量税、自賠責保険料、印紙代のことです。

また、検査については、不具合などがあれば、部品の交換などをするので、費用はまちまちです。

で、検査に合格すると車検証が発行されます。

かなり簡単にかいてますが、ざっとこういう流れになります。

また、車検が切れた状態で車を運転していると罰則があります。

道交法違反となります。車検切れになると自賠責保険も切れているため、無車検運行と無保険運行に該当し、罰則も1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金と、結構重いです。