「未分類」の記事一覧

車検費用を安く済ませることをいろいろ考えてみた。

未分類

車検の費用をとにかく安く済ませたいってことでいろいろと考えてみました。

たとえば、車検のときに限定割引が有る場合は、それを利用するというのも手です。
車検時限定でキズや板金などのメンテ費用が割引になるなどのサービスを利用するわけです。

とはいえ、どこの店舗で実施しているのかってことを情報収集していかなくてはいけません。

たまたま近所にある車検代行の業者のチラシとかが新聞の折込で入っていたりしますよね。早期割引とか現金割引とかありますから。。。

ただし、費用の節約だけではなく、今後もずっと乗り続ける車ならば、きちんとしたメカニックのアドバイスをもらい、整備を済ませておくことも必要です。

また、クレジットカードで費用を支払うこともあります。クレジットカードで車検費用を支払えば、ポイント還元されます。
つまりは割引と同じですよね。

場合によってはマイレージが貯まったりもします。

ただ、気をつけたいのはほとんどの場合、いわゆる車検の法定費用は現金払いってことです。全額クレジット払いできれば、ポイントも大きいの助かりますよね。

ところで車検をいちばん安く済ませるには、やはりユーザー車検です。

ユーザー車検なら、費用は重量税と自賠責の費用くらいです。
で、自分でユーザー車検を行うのがいちばんです。これは自分の車の状態を知るということでも大切なんですよね。

ただ平日にほぼ半日くらいの時間がかかります。平日に休めないとか、日々忙しい人なら、時間をお金で買うという発想もありますから、一概にどちらが安いのかってことは言えませんが、あくまでもコストってことで考えたら安上がりだってことは間違いありませんよ。

分割払いにすると

未分類

ぶっちゃけ車検の費用を一度に払うのって、結構大変です。

絶対に車検を受けなくちゃいけないので、避けられないのはわかっているけど
やはりまとまったお金を一度に払うのは、なかなか厳しいです。

給料日前とかなら、なおさらです。

そんなわけで、車検費用を現金以外の方法で、支払いうにはってことです。
要するにカード払いです。

ただし、カードといっても、クレジットカード、自社クレジットローン、信販系ローンがあります。

これなら、分割払いもできるかもしれません。

ただし、車検費用のうち、法定費用は全国一律なので、店側の儲けは含まれません。つまり、車検を通す場合、法定費用については店側が一時的に立替えることになります。

カード払いになると手数料がかかります。

とはいえ、今はカードの時代ですよね。ネットが普及しているから、カード対応じゃないのはお店側としてもデメリットです。

なので、実際のところ、分割払いやクレジットカード払いはできます。
でも、絶対ではないので、どこで車検を受けるかで分割払い可能かどうかは違ってきます。

また、クレジットカード手数料がかかるから、その分上乗せされて、車検費用そのものは、一括払いよりも高くなってしまいます。

ポイント還元はありますが・・・。

他にも車検費用を分割払いしたい場合「オートローン」や「おまとめローン」の使用が可能になります。

なので、お店に確認するのが間違いありませんよ。

車検が高くなるのは

未分類

車検の費用が高くなるのって、なんでだろう。

まず車検費用と法定費用についてですが、自家用車で新車であれば36カ月目に受ける車検ですが、中古車は24カ月ごとです。当たり前だけど。

日本って、海外より車検代が高いんです。でも、実は日本の車検検査手数料って3000円未満くらいなんです。

じゃあ、なんでって思いますよね。

実は、日本の車検では、「自動車重量税」と「自賠責保険」を車検時に支払うために高くなるようです。

自動車重量税っては車種・重量に応じて課税される税金です。
重量税は車検の有効期間年数分を先払いします。

で、自賠責は公道を走るすべての自動車に強制加入が義務づけられています。

ちなみに、車検の法定費用って車の年数で変化します。結論からいうと古くなるほど高くなります。

ただし、法定費用でも自賠責保険料と印紙代は、距離や年数では変わりません。重量税だけが年数で変わります。13年目、18年目に、自動車重量税が高くなるんです。

まぁ、あとは古くなるほど交換部品とかにも費用がかかります。

走行距離が長くなれば、それだけ消耗品にも影響が出ますし、交換部品が多くなれば、その分、車検費用が高くなります。

たとえば、目安として走行距離が3,000km~8万km(約半年)で交換が必要になるのが、 エンジンオイルやオイルフィルターです。

また、タイヤローテーションも必要かと思います。他にも定期的に交換しておくことで、車検時に一気にお金がかかるということがなくなるかもしれないし、車のメンテにもなります。

そもそも車検とは?

未分類

車を所有したら、絶対に避けられないのが車検です。けど、車初心者には、そもそも車検とはなに?

という方もいるかと思います。

そこで、まず車検ってなにってことから説明します。

車検は、検査によって違い、自分で検査するユーザー車検、ディーラーで検査するディーラー車検など、検査の内容とか費用についてはさまざまあります。

車検は、法律で定められた検査を受け、有効期間内に公道を走れると認められるためたの検査です。

車検の有効期間は、新車の場合、最初の有効期間の満了日は3年で、次からは2年ごとです。

有効期間の満了日は、車検証に記載されていますので、その日までに必ず車検を終えなくてはいけません。

車検にかかる費用については、車の整備料金と税金や保険料などの法定費用を合わせたものです。

で、法定費用というのは、重量税、自賠責保険料、印紙代のことです。

また、検査については、不具合などがあれば、部品の交換などをするので、費用はまちまちです。

で、検査に合格すると車検証が発行されます。

かなり簡単にかいてますが、ざっとこういう流れになります。

また、車検が切れた状態で車を運転していると罰則があります。

道交法違反となります。車検切れになると自賠責保険も切れているため、無車検運行と無保険運行に該当し、罰則も1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金と、結構重いです。

 

 

ページの先頭へ