車検代って法定費用も含めると、すぐに10万円とかかかりますよね。いや、もっとしますよね。15万円とか(^_^;)

なので、現金で払うのは、ちょっと厳しいという人もいると思いますす。また、普段からクレジットカードや電子マネーで買い物している人なら、現金自体を持ち歩いていないので、車検代は、クレジットカードで払いたいと思うと思います。

で、そうなるとやっぱり、できるだけ還元率の高いカードを使って、ポイントを稼ぎたいとなりますよね。

実質的に値引きになりますから。

ただ、そもそも車検代はクレジットカード払いにすることができるかって思うかもしれませんが、できます。

とはいえ、法定費用は現金という業者が多いのも事実です。

つまり、法定費用を除いた車検基本料だけがクレジットカード払い可というところが主流です。

これはお店側のクレジット手数料の関係です。法定費用って全国一律だから、手数料分マイナスになりますからね。

なので、法定費用は現金払いで、っていうところがほとんどなんです。

でも最近の傾向では、全額クレジット払いができる業者は増えてきています。

ネット時代なので、そうしないとユーザーが集まらなかったりします。
それに、手数料分を含めて、総額で儲けるという方法もあるようですから。

で、注意したいのは、あまりカード払い可能かどうかにとらわれすぎないことです。
やっぱり、法定費用もカード払いできる業者は車検代が割高になる傾向が強いのです。

それに、車検代を安くするためには、逆に現金払いをアピールして、値引き交渉する方法もあります。

でも、どうしてもカード払いする場合は、できるだけ高い還元率のカードを利用することです。

考え方としては、車検代をクレジットカード払いすることで、ポイント還元を受けた総額で安くなるようにすべきでしょうね。

そのためには、複数の業者から車検料金を見積もりしてもらい、比較してみて決めることです。

ただし、クレジットカードで払うことで、便利さを手に入れることができます。カードで支払いが済むのなら、やっぱり手間がかかりません。

支払いが楽で、ポイント還元で値引きにもなります。

個人的には、カード払いの方が楽ですから、カード派です。